RSS | ATOM | SEARCH
早稲田大学オープンカレッジ、次世代経営幹部/リーダーを養成するタレントマネジメント実践講座
JUGEMテーマ:ビジネス

【早稲田大学オープンカレッジ タレントマネジメントコースの一般募集が開始になります】
 お待ちかねの早稲田大学オープンカレッジ タレントマネジメント講座の一般申込が2014年6月10日より開始になります。
 今年は、次世代経営幹部/リーダーを養成するタレントマネメント実践講座として行います
 次世代経営幹部/リーダーのあるべき姿に関しては、皆さんからの強い思いが高まれば、世の中の期待が高まれば、これも変わっていくものです。
 皆さんも、本講座に参加して、自らの磨きをかえ、その魁(さきがけ)として、あるべき姿を目指してみませんか!

【次世代経営幹部/リーダーを養成するタレント・マネジメント実践講座】

「タレント獲得とタレント開発を、戦略的に実践する人財を育てる究極の手法を学ぶ」
実施予定日:2014年8月23日(土)、及び9月13日(土)の2日間
主な狙い:  
    

 日本でも、グローバル企業として、認められるための必要最低限の条件として、
タレントマネジメントが必要だという意識が高まっており、クラウド型のソフトの
導入も進んでいます。
 しかし、ソフトを導入しても、「肝心な人財情報を入れれば、貴重な人財を共有
資産として、持っていかれるのではないか」と懸念しているマネジャーが結構多い
のものです。
 これは、タレントマネジメントという仕組みに関し、「これからの経営におい
て、何故重要なのかをキチンと理解してない」マネジャーが多いからでもあります。
 優良企業では、経営幹部を選考する場合、タレント・マネジメントに協力的で、
このスムースな導入に貢献した人財を優先して、経営幹部候補にする傾向が強まっ
ています。
 次世代の経営幹部/リーダーとしては、自信過剰で、権力志向の強い自信家より、
潜在能力のある人財を活かし、挑戦する気持ちを引き出せる人財が求められてお
り、これを見極めるには、「グローバルで、組織横断的な人財づくりの基本と
なるタレント・マネジメントの実績が大変重要だ」と考えられる様になったから
でもあります。
 本講座では、このような次世代経営幹部/リーダーを目指している方、タレント
マネジメントの真髄を学びたいを対象に、これから求められる次世代経営幹部/
リーダーの実力能力ある人財に育てる実力)を、如何にしたら発揮し、それを
潜在能力ある人財にも感じてもらえるのかを考えながら、実践する講座です。
 参考まで、まずは、こちらをご覧下さい。
   講座概要及び申込は、こちらからご覧になれます。
    
 尚、早稲田大学オープンカレッジの日程に、ご都合がつかない方は、
 当センター主催のインターラクティブ道場(1日コース)では、
 年3回実施しておりますので、詳細は、こちらをご覧下さい。    
author:hiroishikawa, category:早稲田オープンカレッジ, 11:58
-, -, - -
早稲田大学オープンカレッジ、2014年度新講座のご案内
JUGEMテーマ:ビジネス

早稲田大学オープンカレッジ、2014年度新講座のご案内】
 2011年から早稲田大学オープンカレッジにて、色々な講座を担当し、今年で
4年目になります。
 今年は、次の2つのコースを担当することになりましたので、お知らせ致します。
 毎年、最新のトピックスを話題に、職場ですぐに使える実践的な内容を提供し、
高い評価を頂いております。

講座1:
ANSI/ISO版最新パフォーマンス・マネジメントのスムースな導入実践講座
やりがいを引き出す効果的マネジメント手法と職場での育成環境づくり
実施予定日:2014 年6月14日(土)及び7月5日(土)の2日間
主な狙い: 
 2012年末に、米国国家規格協会ANSIが最新版パフォーマンス・マネジメント
ガイドラインを認可し、導入準備が着々と進んでいます。
 1990年頃から、日本でも、目標による管理MBOが徐々に導入されましたが、1年
前に設定した目標を期末までにどれだけ達成できたのかを社員中心に評価するという
管理的な手法が横行したこともあり、多く問題点が表面化しました。
 これを是正するには、社員中心のMBOではなく、市場の急激な変化に対応できる
パフォーマンス・マネジメント手法マネジャー/現場リーダーに対して、導入す
べきものとして、欧米諸国で、発展してきたものが、パフォーマンス・マネジメン
です。
 その手法も、トップダウンでやらせるのではなく、メンバーが自律して自分で
問題解決する支援を進める支援をするコーチングやメンタリング中心のマネジメ
ントタイに大きく変革したのです。
 この中では、メンバーに対する効果的なモチベーションを進めているか、キャリ
意識を引き出しているか、適切なフィードバックをすることで、説明責任は果た
し、更なる挑戦を促せたか、仕事のやりがいを効果的に引き出しているか等、色々
な視点で、マネジャー/現場リーダー/メンターの育成効果、育成態勢も含めて、
評価されます。
 その中でも、重要な視点は、当初の目標達成より、激変する市場環境に適応して、
適切な対応をできたか、市場競争力を高めて、顧客満足を実現できた等、素早い
効果的な対応を求めています。
 将来、ANSI版から、ISO版に移行する場合でも、より厳しくなることはない
ので、早めにANSI版を理解して、早期導入することで、組織の競争力の強化や、
グローバル・リーダーの養成にもつながります。
 かつてトップ企業として、注目をあびた名門の日本のIT/家電企業も、これぞ、
Made in Japan と思われる商品も少なくなり、韓国や中国企業のすばやい対応
や価格競争力に苦戦を強いられています。
 もし、最新版のパフォーマンス・マネジメントを早めに、取り入れて実施して
いれば、大型リストラをしなくても良かったかもしれません。
 今回の講座では、厳しい市場で活躍するグローバル・リーダーの基本を学ぶ
意味で、欧米企業で、導入されたパフォーマンス・マネジメントを学び、それ
を更に超える、マネジャー/リーダーが日本企業からも育って欲しいと考えて
います。 
  詳細、カリキュラムは、こちら。申し込み開始は、2014年3月10日から。
  尚、「伝統的なパフォーマンス・マネジメントとANSIで採用された最新版の
 パフォーマンス・マネジメントは何が違うのか
」に関して、説明をしておきまし
 たので、こちらをご覧下さい。
  また、パフォーマンス・マネジメントは、評価者用だと誤解されている方がい
ますが、この考え方は、いまでは古い考え方です。詳細は、こちらをご覧下さい。
 6月14日(土)の回に都合のつかない場合は、2014年6月29日(日)にも
当センター開催のインタラクティブ道場がありますので、こちらに参加下さい。
 
講座2: 
次世代経営幹部/リーダーを養成するタレント・マネジメント実践講座
タレント獲得とタレント開発を、戦略的に実践する人財を育てる究極の手法を学ぶ
実施予定日:2014年8月23日(土)、及び9月13日(土)の2日間
主な狙い:  
    

 日本でも、グローバル企業として、認められるための必要最低限の条件として、
タレントマネジメントが必要だという意識が高まっており、クラウド型のソフトの
導入も進んでいます。
 しかし、ソフトを導入しても、「肝心な人財情報を入れれば、貴重な人財を共有
資産として、持っていかれるのではないか」と懸念しているマネジャーが結構多い
のものです。
 これは、タレントマネジメントという仕組みに関し、「これからの経営におい
て、何故重要なのかをキチンと理解してない」マネジャーが多いからでもあります。
 優良企業では、経営幹部を選考する場合、タレント・マネジメントに協力的で、
このスムースな導入に貢献した人財を優先して、経営幹部候補にする傾向が強まっ
ています。
 次世代の経営幹部/リーダーとしては、自信過剰で、権力志向の強い自信家より、
潜在能力のある人財を活かし、挑戦する気持ちを引き出せる人財が求められてお
り、これを見極めるには、「グローバルで、組織横断的な人財づくりの基本と
なるタレント・マネジメントの実績が大変重要だ」と考えられる様になったから
でもあります。
 本講座では、このような次世代経営幹部/リーダーを目指している方、タレント
マネジメントの真髄を学びたいを対象に、これから求められる次世代経営幹部/
リーダーの実力能力ある人財に育てる実力)を、如何にしたら発揮し、それを
潜在能力ある人財にも感じてもらえるのかを考えながら、実践する講座です。
 参考まで、まずは、こちらをご覧下さい。
 早稲田大学オープンカレッジでの一般募集開始時期は、2014年6月10日からです。
   詳細は、こちらからご覧になれます。
    
 尚、早稲田大学オープンカレッジの日程に、ご都合がつかない方は、
 当センター主催のインターラクティブ道場(1日コース)では、
 年3回実施しておりますので、詳細は、こちらをご覧下さい。    
     
     
     
    
author:hiroishikawa, category:早稲田オープンカレッジ, 10:51
-, -, - -
早稲田大学オープンカレッジがタレントマネジメントコースを正式採用
JUGEMテーマ:ビジネス
 
 早稲田大学オープンカレッジ八丁堀校にて、「人材育成の見える化」が、昨年度より採用され、2012年春講座より、「効果的フィードバックとコーチング」が新たに採用されたことは、すでにお知らせしました。

 上記2コースの他に、欧米で注目される「タレントマネジメントコース」が新たに採用され、八丁堀校の夏講座にて開催されることになりました。

 講座名使える人材を育てるタレントマネジメントとキャリア計画
 
開催予定:2012年 8月25日(土) 及び9月8日(土)の2日間

 早稲田大学オープンカレッジは、 大学/大学院卒業生を中心に、実業界にて活躍中の方を対象にしており、最新の世界の潮流を中心に、現在活躍中の社会人の方に、身につけて頂き、これからのグローバルリーダー/マネジャーとして活躍していただくものです。

 日本では、人材マネジメントのことを長年、「人的資源管理」と読んできましたが、これでは、「上から目線で管理するもの」と思われがちでした。
 しかし、管理しようと指示命令をしているだけでは、人材が育たないのが普通です。
 これからは、「有望な人財をプールして、皆で育てる時代」なのです。ITを駆使した、複雑な業務が急速に増えており、上司がすべてを指導できる時代では、もはやありません。
 上司が部下を育てるという伝統的な関係はいまや現実的ではなくなったのです。

 リーダーの役割は、若者の育成を皆で分担し、組織が目指す方向を示し、各メンバーのやる気を高めることです。急速は市場の変化に対応できる様に、中長期的な視点でも高い目標を目指し、皆で協力して、積極的に新たなことに挑戦する、やりがいのある、協創の職場をグローバルの視点で、構築することです。この仕組みを効果的につくれる人財が、次世代のグローバルリーダーとして注目されているのです。
 この組織横断的な協力態勢をグローバルビジネスの中で、実現するタレントマネジメントが必須とされ、欧米の有名ビジネススクールでは、人材マネジメント課目の中で、必須課目にまでなっています。
 もはや、英語ができるだけでは十分とは言えず、タレントマネジメントの体系を構築して、うまく運用できる能力を発揮できるかが、次世代のグローバルリーダー/マネジャーに求められているのです。
 
 もやは、自分の業績達成だけを考えている自己中心的な人財では、グローバルリーダーとして、やっていけないのです。
 これからのグローバルビジネスの基本的考え方と仕組みづくりを学ぶために、「タレントマネジメント」は、世界中で注目されています。
 皆さんもこのコースに参加して、皆と一緒に考え、行動しましょう。
  
  夏まで待てない方には、タレントマネジメント1日コースも別途ありますので、こちらもご検討ください。

 
  
author:hiroishikawa, category:早稲田オープンカレッジ, 14:24
-, -, - -
今年も早稲田大学オープンカレッジで2つの新講座が開講!
JUGEMテーマ:ビジネス

 皆さん、今年も早稲田大学オープンカレッジ八丁堀校の春講座にて、2つの新講座を担当することになりましたのでお知らせします。

 /場でよくある事例で学ぶ、効果的なフィードバックとコーチング法
   主体性と事業家精神を育てるマネジメントの基本と職場環境づくりを学ぶ
   日程:4月21日(土)10:00−17:30
      5月26日(土)10:00−17:30

 ⊃雄牋蘋の見える化と費用対効果測定の実践術
   研修効果測定/検証法の極意を学ぶ
   日程:5月19日(土)10:00−17:30
      6月16日(土)10:00−17:30

 詳細は、http://www.ex-waseda.jp/about/pamphlet.html
  (一般の方は、3月9日以降に申し込みが可能です)

  特に、,旅嶌造蓮∩瓦新しい企画で、従来の目標による管理(MBO)で起きやすい問題点を理解し、それを是正し、やる気事業家精神を育てるパフォーマンス・マネジメントへの転換の仕方を学びます。
 これがスムースにいけば、人事考課の際にも、気まずい気持ちや不信感をメンバーに与えずに、支援者として、感謝される様になります。
 この最新のマネジメント手法を学ぶことで、将来可能になる国際標準化機構ISOによる人材マネジメント標準の認定取りやすくなります。
 3月9日より、インターネットから、申し込みが可能になりますので、お見逃しのない様に申し込みください。
 なお、上記日程が都合つかない方は、当センターの一般公開講座でも1日版がありますので、こちらも検討ください。
 
author:hiroishikawa, category:早稲田オープンカレッジ, 15:21
-, -, - -
早稲田オープンカレッジ 夏講座、2コース開講募集中!
JUGEMテーマ:ビジネス
 
 昨年12月に発売の新刊書「競争に勝ちたいなら人材育成を見える化せよ」中経出版発行の評判が良かったため、早稲田オープンカレッジからの要請により、早稲田オープンカレッジ(八丁堀校) 夏講座に、次の2講座を開講することになりました。 

 「職場づくりに生かすコーチング&メンタリング
  −職場でよくある事例で実践的、効果的な指導支援法を学ぼうー

 「人材育成の見える化と卓越の人材育成戦略
  −研修効果測定/検証法の極意を学ぶー
 
詳細は、 こちらから
author:hiroishikawa, category:早稲田オープンカレッジ, 18:15
-, -, - -